岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院

HOME>>各種情報TOP>ペットの飼い方
ペットの飼い方
犬の十戒
情報掲載日 2007/06/01
イメージ画像
 これから犬を飼いたい方について、「犬の十戒」は参考になると思います。

 犬の十戒はアメリカで書かれた作者不詳の有名な詩です。

 人と動物の絆のうち物言わぬ動物の側からの愛する飼い主へ向けての深い思いに満ちたメッセージがあります。

 動物愛護という言葉よりも、同じ生き物同士の深い愛情と強い思いが伝わってくる詩です。

 見返りを求めず、ただひたすら飼い主を見つめ心配し惜しみない愛情を注いでくれる動物たちの気持ちを理解する助けになればいいなって想います。


1.私の一生は10〜15年くらいしかありません。
  ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
  私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

2.私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

3.私を信頼してください・・・それだけで私は幸せです。

4.私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
  あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
  でも・・・私にはあなただけしかいないのです。

5.時には私に話しかけて下さい。
  たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、
  私に話しかけているあなたの声で理解しています。

6.あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
  私はそのことを決して忘れません。

7.私を叩く前に思い出して下さい。
  私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
  私はあなたを噛まないようにしていることを。

8.私のことをきかない、頑固だ、怠け者だと叱る前に
  私がそうなる原因が何かあなた自身考えてみて下さい。

  適切な食餌をあげなかったのでは?
  日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
  心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか? などと

9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように
  年をとるのです。

10.最期の旅立ちの時にはそばにいて私を見送って下さい。
  「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで
  逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。

  あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも
  安らかに受け入れられます。

  そして・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。

お知らせ・情報コーナー
お知らせ
Prev(前の記事10件)
1 2
NEXT(次の記事10件)
HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.