岡谷動物病院

より幸せな人と動物の絆のために・・・ 岡谷動物病院

施設紹介
写真をクリックしますと拡大された写真が表示します。
ペットホテル ▼1F
外観
 
受付・待合室・薬局

玄関

受付け

待合室

薬局
 
診察室・処置室・手術室  

診察室1

フルデジタル超音波診断装置

診察室2
処置室

検査室

診察室3
 
エアーレーション式EOG殺菌装置

心電計

透視付レントゲン

手術室

半導体レーザー

炭酸ガスレーザー
 
電子内視鏡

入院室

輸血用
点滴ポンプ

隔離室
   
予防・検査 ▼2F
トリミング室  シャワールーム
院長室 ホテルルーム
パピースクール リハビリテーションルーム
研修室
スタッフルーム

予防・検査 ▼最新機器導入
■2016年12月最新機種を導入
最新型の獣医医療用炭酸ガスレーザーメスシステムCVL−3020及び自動連動する吸煙システムを新規に導入しました。
当院の手術がさらに安全に早く広がり進化します。
■2012年10月最新機器を導入しました。
最新の血管シーリングシステム=バイシジョン導入!

ドイツERBE社の最新型高周波メスシステム=VIOに搭載できる、最新式血管シーリングシステム=「バイシジョン」を導入しました。いままでの「バイクランプ」と併用して困難な手術や、去勢・避妊手術に活用していきます。

「バイシジョン」は、7mmまでの血管を閉鎖=シーリングして止血するだけではなく、同時に切断する機能を備えた画期的なシステムです。血管を糸で縛ることなく瞬時に止血し、切断することでより安全に早く確実に手術を進めることが可能になります。「バイシジョン」「バイクランプ」「アルゴン・プラズマ・コアグレーター」と「超音波メス」「超音波乳化吸引システム=キューサー」=ソノサージサージカルシステム・エチコン社の「パワースターシステム」・コヴィデイエン社の「GIAウルトラユニバーサルトライステープラーシステム」「LDSシステム」「全自動血管クリップシステム」さらに、「炭酸ガスレーザーメス・半導体レーザーメス」と統合して、より高度で質の高い手術が可能になりました。

難易度の高い手術・「がん」の手術・高齢動物の手術・避妊・去勢手術・エキゾチックアニマル・鳥・野生動物の手術等に使用し、さらに高度で安全で優しく早い手術を追求していきたいと思います。

「より早く、より確実に、より安全に、より優しい手術」を行える新世代手術の時代の幕開けです。

■2011年3月最新機器を導入しました。
最上級機種:「VIO300D+APC2(アルゴンプラズマコギュレーター)+バイクランプ(血管シーリングシステム)」+「最新の対極板:メガ2000」を導入!

デイサージャリーから高度手術まで「オリンパス社のソノサージシステム」と「エチコン社のパワースター手術システム」と「CO2レーザー・ダイオードレーザー」と「オートスーチャー社の各ステープリングシステム:TA/GIA/CEEA/LDS/全自動血管クリップシステム」で完全対応。

■2009年6月最新機器を導入しました。
「最新のレーザー式動脈血ガス測定装置」を導入しました
■2008年11月 2階を改築いたしました。
大型全自動乾燥機をスタッフルームに設置いたしました。
■2008年12月 新機器導入しました。
第三世代のネルコアプローブを搭載したオールインワンモニターシステム
ガンマ補正付シリンジポンプ
■2007年4月最新機器を導入入れ替えを行いました。
最新型の「GE社フルデジタル超音波診断装置S6」を導入しました。

プローブは、セクタが2本・マイクロコンベックスが1本・コンベックスが1本・高周波数リニアが1本=合計5本です。

あらゆる領域をリアルタイムで麻酔無しで診断できる超音波診断に、当院は力を注いでいます。
オールイン型の最新式無線麻酔モニター・イソフルレン気化器・輸血点滴ポンプ・ガンマ機能付シリンジポンプ・電気メス・ベンチレーター・循環温水ヒーター・食道体温モニターが一体になった、麻酔モニタリングタワーです
最新型の心音計付デジタル心電計です。
2007年12月最新機器を導入
ソノサージ超音波メス・超音波吸引手術システム

病院のご案内
・施設紹介
・院長プロフィール
・執筆活動
 学会報告/専門誌
 執筆本/新聞掲載
・スタッフ紹介
病院のご案内
お知らせ・情報コーナー
お知らせ
ぺっとについて よくある質問
よくある相談
コミュニティ
コミュニティ
動物介在活動
動物介在活動
HOME病院のご案内血液バンクお知らせよくある相談コミュニティペットホテル動物介在活動
岡谷動物病院
〒394-0004 長野県岡谷市神明町2丁目5−14

tel:0266-23-0058 fax:0266-24-5558
Copyright(C)2005 OKAYA ANIMAL HOSPITAL  All Rights Reserved.